クールビズとポロシャツ

クールビズとマナーその2

社内作業でしたら、ポロシャツやTシャツでも、まったく構わないと思いますが、取引先との大事な商談の場合はどうでしょうか。
大切な商談にサンダル履きでは、TPOを考えていないと思われても仕方ありませんよね。
ですから、重要な会議などがある場合、そこはビジネスマンとして、ポロシャツなどではなく、きちんとした服装をすることがTPOとして大切になってくると思います。
当初、クールビズとは、温室効果ガスを削減するために、夏の仕事場で、冷房の室温を高めに設定しようと言うことでスタートしました。
28℃に温度を設定して、その中で働けるように、軽装スタイルを許可したものです。
京都議定書が発効されたことをきっかけとして、環境省がクールビズを呼びかけ、2005年の夏からスタートしています。
現在ではかなり定着していて、ポロシャツなどの軽装で出勤しているビジネスマンを多く見かけるようになりました。
さらに、家庭で過ごすときの服装や、オフのライフスタイルまでにクールビズの運動は広がってきていて、近頃では、クールビズといえば、仕事上のファッションスタイルだけに適用される言葉ではなくなってきましたよね。
政治家の人たちも、公務の場でノーネクタイの姿でいるようで、そんなクールビズの様子をテレビニュースで見る機会が増えます。
確かに、ネクタイをしないだけで、体感温度が2度もダウンするのなら、冷房のあまり効いていないオフィスでは、ネクタイをしたくありませんよね。

 クールビズとマナーその2 

髪の悩み  ネットで稼ぐ週末起業  フライフィッシング  風呂  有酸素運動  ランプベルジェ  ウェルシュ・コーギー  1万円ではじめるFX  カクテル  サラリーマンが育児で8週間休める方法
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi