クールビズとポロシャツ

クールビズとマナーその5

ポロシャツなども夏素材で涼しく着こなせることが出来ますが、商談など大切な場面を控えているビジネスマンでしたらスーツは必須です。
そして、スーツは、見た目の涼しさや、スーツが涼しい生地で出来ていることも大切です。
色としては、ミディアムグレーか、ライトグレーなどの夏スーツが良いでしょう。
そして、シャツは白か、柄があっても白系が良いでしょう。
また、スーツの柄は無地がおすすめです。
柄がありますと、合わせることも難しくなりますから、無地がコーディネイトしやすく、無難だと思います。
スーツの生地は、それぞれのメーカーから清涼系のスーツがいろいろ販売されています。
そんな中、サマーウールでしたら、薄くて軽くて、さらっとしているので、着心地も良いです。
夏の生地と言えば麻などが有名ですが、日本では麻のスーツなどは浸透していません。
やはり、ウールが主流と言えるでしょう。
クールビズではネクタイをしませんから、スラックスのシワに目が行くようになります。
スラックスは、プレスを効かせてきちんとしておきましょう。
そして、クールビズにもお洒落することは大切です。
クールビズですから、ノーネクタイで大丈夫ですが、ジャケットにワンポイントをしてみると、ぐっとお洒落に見えます。
例えば、ポケットチーフです。
さりげなくジャケットの胸にポケットチーフを入れてみてはいかがでしょう。
インナーがポロシャツであっても、ポケットチーフが入ったジャケットを着れば、それだけで、かなりお洒落度はアップします。

 クールビズとマナーその5 

髪の悩み  ネットで稼ぐ週末起業  フライフィッシング  風呂  有酸素運動  ランプベルジェ  ウェルシュ・コーギー  1万円ではじめるFX  カクテル  サラリーマンが育児で8週間休める方法
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi